ナノレ力リ(なのれちからり)

「購入を検討しています。値引き難しいでしょうか?」

昨晩、私の数万円の出品に対してメッセージがついた。
システムの利用手数料もあり、直接受け渡しのための移動費もあるため、どのくらい値引きできるか真剣に考え、金額を提示した。そうしたらこうきた。

「そこから千円引きになりませんか。受け渡し場所はどこでも構いませんので」

私はメッセージの主をブロックして交渉を中断し、値段を元に戻した。
正直、売り手としては数万円のものだから値引きした金額から千円くらい動こうがたいした問題ではない。しかも今は現金難だからここで臨時収入が得られるのは非常にありがたかった。

ではなぜ断ったか。
相手は希望金額を提示せず値引きについてこちらに時間を使わせた挙句、チンケな値引きを要求してきた。これにすごくガッカリした。

コスト感が全くないのだ。
こういう人は中古品の売買の相手にすべきではない。どれだけ商品説明に書いてあっても「安かろう悪かろう」を理解することができず、直接受け渡しで中古品を売ろうものなら、取引終了後も「お値段以上」の面倒な注文をつけてきかねない。

値引き交渉は楽しさもある。でも死に物狂いで100円200円の値引きを何時間にも渡って繰り返してくる人と付き合うくらいなら一発でガツンと希望金額を言ってくれる人と交渉したい。

売るかどうかは別にして(笑)